歯科ブリッジのメリット・デメリット


新着情報
新着情報のスペースです。
長くなるとスクロールできるようになります。
画像(アイコン)などもここに載せられます。

歯が虫歯や事故で抜けてしまったという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな時の治療方法として「ブリッジ」があります。ブリッジとは、字のごとく橋のように抜けてしまった歯の両側をたもととして橋渡しする治療方法です。
ブリッジ治療のメリットとして、
・部分入れ歯と比べて、固定式なので歯ぐきの擦れなどの違和感が少ない。
・装着するとほとんど自分の歯に近い感覚で噛める。
・治療の期間が短い。治療後の調整も少なくてすむ。
・治療後の変形はほとんど無い。
・通常のブリッジであれば保険治療(基本的に銀歯)ができるので安価である。
・自費治療であれば、見た目が自分の歯と同様のものができる。
・前歯のブリッジも、ほとんど自分の歯と同じように使える。

対して、ブリッジ治療にはデメリットとしては、
・両側の健康な歯をたくさん削る必要があり、しみて痛みが出れば神経の治療が必要。
・両側の削った歯が、虫歯や歯周病になる可能性がある。
・両側の歯に負担をかけてしまう。
・歯の抜けた部分の骨が次第にやせていく可能性が高い。
・抜けた箇所のケアが難しい。

事なのがあげられます。

ブリッジだけでなくどんな治療にもメリット・デメリットはあります。

ですが、ご自身の中で何を優先させるのかをしっかりとご検討頂ければ、満足の行く治療になるのではないでしょうか。

Designed by Cherish@Web