ブリッジ 歯科 費用

歯科ブリッジの費用と種類
歯科ブリッジの費用と種類

オールセラミック・ブリッジ 
削りだしのジルコニアに、セラミックを焼き付けて作製。
¥178,500×(無い歯+削る歯の数)

歯科ブリッジの費用と種類

メタルセラミック・ブリッジ
20K以上の専用ゴールドメタルにセラミックを焼き付けて作製。
¥105,000×(無い歯+削る歯の数)

歯科ブリッジの費用と種類

ハイブリッドセラミック・ブリッジ
14Kゴールドのキャップにハイブリットセラミック(セラミックの粉とプラスチックで固めた新しい材料)を盛り上げて作製。
¥73,500×(無い歯+削る歯の数)

歯科ブリッジの費用と種類

ゴールド・ブリッジ
ゴールドで作製。
¥73,500×(無い歯+削る歯の数)

歯科ブリッジの費用と種類

保険ブリッジ
パラジウム(保険適応の素材)で作製。
3割負担 約6,000円×(無い歯+削る歯の数)

ブリッジの治療には保険が適応される物と、自費治療の2種類あります。

保険のつめものは、フルでかぶせるタイプだと1本が約6,000円、前歯は約9,000円です。
場所やサイズにより多少前後しますが、おおよそこの位の値段です。
そして、ブリッジは橋渡しする両側と歯の無い箇所と、最低3本必要になるので、3倍の数がブリッジの金額になります。
自費治療の前歯では、20K以上の専用ゴールドメタルにセラミックを焼き付けて作成されたセラミックブリッジが105,000円×3本。
歯肉が退縮すると目立つ表側の歯のきわに、金属を使わない事で美しさが長持ちするセラミックマージンが126,000円×3本。
削りだしたジルコニアにセラミックを焼付けで作成する為、金属をまったく使用せず、すかしても暗くならない見た目も綺麗なオールセラミックジルコニアは178,500円×3本。
奥歯のかぶせ物として上記のブリッジに加えて、体にやさしく欠けることのないゴールドブリッジは73,500円×3本。
14Kゴールドキャップにセラミックとプラスチックの半分半分を固めて作られた新しい素材であるハイブリットブリッジは75,000円×3本。

などと、一口につめものと言っても種類は豊富なのです。
自分に合ったものを選べるように希望をお伺いしながら、作製していきます。



Designed by Cherish@Web